スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【小説】Signal

2016.03.21 00:00|同人誌
signal-h1.jpg

2016年03月21日 発行
A5/32P/コピー/¥300/R18
☆「明日はきみと笑うシャラララ」の後日談です。
☆コピー本につき、頒布時期によって使用している用紙や製本資材にバラつきが発生する場合があります。ご了承下さい。


《あらすじ》
「Signal」
誕生日に風邪を拗らせた広川を、ドロッドロに甘やかす話。ギャグほっこり。
片山が広川にお粥作ってあーんしてあげたりプラネタリウムあげたり。
広川家及び「ちょっとしたテレビ局のアーカイブ並み」のお宝初公開。

「Lean On」R18
テレビで片山がギャグで後輩とキスしていたのを一緒に見ていてちょっと気まずくなる話。シリアス気味。
珍しく(?)ひろくんがガンガン来ます。
広川のあまりにあんまりなカミングアウトに全米がドン引き必至。

タイプは違いますが、どちらも「広川秀美の人間性」がテーマの二本です。
決してただただ彼の変態性が書きたかったわけでは……わけでは……(目を逸らし)
いやでも部屋に祭壇作って痛バッグをぶら下げ誕生日にはパセラでデコハニトーを発注するタイプの変態かわいすぎませんか。かわいくないですか。そうですか。

話を戻しまして。笑
「明日は〜」でも書いていますが、彼はあの通りほんわかふんわりしているようで苛烈な過去の持ち主です。
けれどもそれをあまり感じさせずにほんわかふんわりしているのは、彼自身が意識してそうしているというよりこれまでの苛烈(と、人が聞いたら思うこと)な生活が彼にとっての“普通”だからに他ならないんですね。
要するに、ひろくんは幸せのハードルが物凄く低いと。笑

「Singal」はそのことを片山が噛み締める話で、「Lean On」は広川自身がそのことに気付き始める話です。
幸せのハードルが低いことはもしかしたら省エネでとてもいいことなのかもしれませんが、どっちかというと私はひろくんにも当たり前の幸せを当たり前に期待できるくらい過去を乗り越えて欲しいなと思います。

Comment

非公開コメント

| 2017.11 |
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

くもはばき

Author:くもはばき
姓をくもは、名をばきと発します。デビュー作「明日はきみと笑うシャラララ」発売中。小説花丸にて書き下ろし電子書籍「ひとりじゃできないもんっ!」配信中。三度の飯より飯が好き。ズブの新人作家ですが、うかれポンチですみません。

お仕事(↑new・old↓)



直近のイベント参加

2017/05/06 COMITIA120

申し込み済。
何事もなければ、います!

カテゴリ

最新記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。