スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新作「ひとりじゃできないもんっ!」配信開始です!

2016.08.23 03:00|お仕事



どうも!

大注目新人作家のくもはばきです!!


いや、自分で言うんかーい!^p^

何はともあれ、大変お待たせしてしまいました……満を持して(自分で言ry)の書き下ろし新作でございます!!
苦節11ヶ月……なんとかかんとか世に送り出すことができました!!!。・°・°(°^p^°)°・°・。
デビュー作でうっかり麻薬のごときヘビーなモチーフを使ってしまったため、
今作は脳みそを汗だくにして尻から血を流しながら(ビロウな話で恐縮です……)なんとかかんとか書ききった感じなんですが、踏破してみると楽しかったことばかりが思い出されます。不思議なものです。笑

今回の新作「ひとりじゃできないもんっ!」は花丸公式アカウントのツイートにもある通り、

料理好き尽くし系男子×超寂しがりバンビ系男子の、
ルームシェアから始まる大学生同士の恋


でございます!



^p^p^p^//p//^ゝ



ものすごい糖度!!!!!!!!!(※当社比です)


今まで私が書いてたモノと言えば

相方を亡くした元芸人とか……

離島の因襲に翻弄される駆け落ち高校生とか……

ゴミ捨て場でゲロかぶって倒れてる女装子とか……


そういう……なんか……異臭騒ぎの起きそうな話ばっかりだったのに……


大学生同士のルームシェアから始まる恋って!ちょっと!!なんか!!!


フレッシュフルーツジュースの匂いがする!!!!!


すごい……いい匂い……ずっと嗅いでられるなこれ……(*´Д`)

とまあ冗談は置いといて。
なんで突然こんなビタミンカラーなお話を書いたかというと、前作がお笑い芸人+サバイバー+死ネタというデビュー作らしからぬニッチ本だったので(あと、今まで同人誌でもニッチな物ばかり書いていたので)いわゆるトラディショナルなものというか、どなたにも軽い気持ちでお楽しみ頂けるクリームシチューのようなお話が書きたいなと思ったのが最初でした。
刺激は少なめですが、シチューのように長く愛して頂ける作品に育ってくれればいいなと思います。^o^

そんな今作。見どころはズバリ、飯!です。


いや、また飯かーーーーい!!と、思うなかれ。


シャラララよりも、更に飯!!です!!!!


初めから終わりまでずーーーーーっと作ってるか食ってるかどっちかしかなくない!?
くらいの勢いで飯を書きまくったので、書いてる時はお腹が空いてお腹が空いてしょうがなかったです。笑
でも楽しかったー!ヽ(*´ ▽ ` *)ノごはんだいすき!!
数えてみたところ本日から配信の第1話には少なくとも7種類以上のメニューが登場し、二人の恋のキーアイテムになっていきますので、よければそんなところにも注目して読んでいただけると嬉しいです。^^

J-GARDEN40でした。

2016.03.26 04:31|よたばなし
2016032101.jpg
▲当日のもよう。本が少ないですね。

こちらではまたご無沙汰してしまいました。どうも、くもはです。太りました。
(肉ばかり食べているからです)(さらに野菜もたくさん食べているからです)(食べすぎです)

紆余曲折(割愛)ありましたが新刊×2出せましたJ庭!よくがんばった!!
何書いたかイマイチ覚えてないけど!!!^p^
ご存知(?)の通り世界一遅筆なので、同人誌はいつもほとんどノー推敲の一筆書きです。orz
ライブ感をお楽しみください……lllorz
というか「豊か〜」の方は後から恐る恐る読み返したらあまりにも酷い締め方だったので近い内に補足SSをWEB上のどこか(たぶんPixiv)にアップしたいところです。少なくともCOMITIAまでには……!!><

そんなこんなで中身がアレ(……)なので、せめて見た目だけでもお楽しみ頂こう……!!と、
今回もまたガワだけはなんとかいい感じ(?)に取り繕いました!!!

2016032103.jpg

コピー再録「豊の海に露の咲く」は▲な感じでした!
ブルーグレーのファーストヴィンテージ×モノクロ印刷の表紙フルカラー帯巻き!!
印刷屋さんが超超超いい感じになんちゃって白インク感を出してくれて感無量ですありがとうございますいつもながらええ仕事しはりますわ〜〜〜〜一生着いていきます。m(_ _)m
帯の文章は本文からの抜粋です。お気に入りの一節です。

2016032104.jpg

金曜の朝に「豊か〜」を入稿した後の、今回の二日本。コピー新刊「Signal」は▲な感じに!^p^
日曜の夜に白目剥きながら表紙用紙を買うためにヨドバシをヨロヨロうろうろしていたら、
インクジェット用のOHPシートなんてものが売ってるじゃありませんか!!!!
まさか憧れの透明表紙がコピー本でできるとは思いもしませんでした……ありがたやありがたや……(;▽;)
せっかくなのでもっと透明を生かしたデザインにできればよかったとも思うんですが、これはこれで透明感バリバリお星様キラキラで可愛い本になったんじゃないかと思います。わーい!^//p//^
全然関係ないけど近頃の学校の教室にはOHPってあるんでしょうか。
中学生までは随分お世話にまったけども……と思って調べたら2005年の時点で「死んだメディア」とか言われててここ一番の「ファーーーーwwww」出ましたよっていう。だからなんだって話ですが。


さて、


次回のイベント参加は5/5のCOMITIAです。
たぶんラインナップは同じか、新しいものがあってもおそらくペラっとした一筆書きの何かでしょうと思います。
なかなかきちんとしたものを出せず私自身歯がゆい気持ちでいっぱいなのですが、
こちらをお読み頂いておりますザ!奇特!!な皆様におかれましては「おうおうくもはのやろう元気に働いとるみたいやんけ」とでも思ってやってくださいまし。;v;
ではでは、また五月に!ノシ

【小説】Signal

2016.03.21 00:00|同人誌
signal-h1.jpg

2016年03月21日 発行
A5/32P/コピー/¥300/R18
☆「明日はきみと笑うシャラララ」の後日談です。
☆コピー本につき、頒布時期によって使用している用紙や製本資材にバラつきが発生する場合があります。ご了承下さい。


《あらすじ》
「Signal」
誕生日に風邪を拗らせた広川を、ドロッドロに甘やかす話。ギャグほっこり。
片山が広川にお粥作ってあーんしてあげたりプラネタリウムあげたり。
広川家及び「ちょっとしたテレビ局のアーカイブ並み」のお宝初公開。

「Lean On」R18
テレビで片山がギャグで後輩とキスしていたのを一緒に見ていてちょっと気まずくなる話。シリアス気味。
珍しく(?)ひろくんがガンガン来ます。
広川のあまりにあんまりなカミングアウトに全米がドン引き必至。

タイプは違いますが、どちらも「広川秀美の人間性」がテーマの二本です。
決してただただ彼の変態性が書きたかったわけでは……わけでは……(目を逸らし)
いやでも部屋に祭壇作って痛バッグをぶら下げ誕生日にはパセラでデコハニトーを発注するタイプの変態かわいすぎませんか。かわいくないですか。そうですか。

話を戻しまして。笑
「明日は〜」でも書いていますが、彼はあの通りほんわかふんわりしているようで苛烈な過去の持ち主です。
けれどもそれをあまり感じさせずにほんわかふんわりしているのは、彼自身が意識してそうしているというよりこれまでの苛烈(と、人が聞いたら思うこと)な生活が彼にとっての“普通”だからに他ならないんですね。
要するに、ひろくんは幸せのハードルが物凄く低いと。笑

「Singal」はそのことを片山が噛み締める話で、「Lean On」は広川自身がそのことに気付き始める話です。
幸せのハードルが低いことはもしかしたら省エネでとてもいいことなのかもしれませんが、どっちかというと私はひろくんにも当たり前の幸せを当たり前に期待できるくらい過去を乗り越えて欲しいなと思います。

【小説/コピー再録】豊かの海に露の咲く

2016.03.21 00:00|同人誌
yutaka_h01.jpg

2016年03月21日 発行
文庫/170P/オンデマンド/¥600/R18


《あらすじ》
 人類が月面の開拓に至り数十年。地球から月への移住者は百万人を超え、世界は新天地の開発と高度経済成長に沸いていた。
 しかし月面環境に適応した体で産まれ、月のおよそ六倍の重力がかかる地球には降り立つことのできない低重力障害児“ルナリアン”と、親に月面へ置き去りにされた彼らルナリアンーー月面残留孤児の増加が問題視され、月では妊娠のリスクが発生する異性間の性交が禁止されている。
 そんな月面にあって男が男に抱かれ、女が女を抱く月面屈指の遊郭街“まげもん町”で春をひさぐ少年・朔花はルナリアン。月面残留孤児である彼は幼い頃から身一つで自分を食わせているが、いつの日か地球から来たお大尽に請け出されその目で海を見ることを夢見ているーー

第壱話「奔る、おいらん」
 月面屈指の遊郭街・まげもん町の中でも老舗の置屋“小笹屋”で、十六歳のお朔こと朔花はルナリアンゆえの長身からお茶を挽いている。
 遣り手のみならず、何くれと自分の面倒を見てくれていた花魁・竹鶴にまでも住み替えを薦められ、朔花は臍を曲げて“足抜け”を試みた。しかし出口の大門間際で花売りの大八車に衝突し、足抜けは失敗。それを引いていた幼馴染の余市と六年ぶりの再会を果たす。

第弐話「色はうれども」
 竹鶴の足抜けを手引きしたことで小笹屋から追われてから一年と少し。住み替えた先の見世・新川屋で“みや稀”と名を変えた朔花は持ち前の器量と口のうまさで見世の看板を背負って立つほどの売れっ妓に上り詰めていた。
 ある晩みや稀は、一番の馴染みである老戯曲家・四賀によってその弟子・講談作家の古林を客として宛行われる。みや稀に向かって「三下のまがい物」と言い放つ古林とはまるで取っ組み合いの喧嘩のように抱き合ったが、古林が閨の内で時折見せるあどけない優しさにみや稀は次第に心を寄せていく。

     *     *     *

これまでコピー本で出していたSF遊郭を一冊にまとめました。
ミシンがけのコピー本を作り続けるのがしんどかった……!
ご容赦くださいまし……orz

内容としては、全4話中2話まで。つまりようやく半分。^p^
ですが、基本的に一話完結のオムニバスで進んで行きますのでこの本だけでもお読み頂ける作りには(辛うじて)なっていると思います。

第壱話は世界観のチュートリアル的なお話で、まげもん町が、月の上がどんなところで、どういう文化やテクノロジーで彼らが生きているのかっていうのが伝わればいいかなという感じです。
お茶っぴきの色子がチャリンコ並みの俊足で色街を爆走します。
エロは薄め……というか少なめ。覗きです。笑

第弐話では、満を持して主人公の花魁(?)が恋をします。相手は新進気鋭の講談作家……のような、花屋のような。
売れっ子になった朔花改めみや稀がソーラン節を歌ったり講談を読んだりします。
エロは比較的濃いめ。3Pもあるよ!^p^

……とまあこのように、遊郭と言ってもあくまでスペースオペラ。SFです。
遊郭と言いつつキャバクラっぽかったりバスが走っていたりスマホやタブレットのような何かが出てきたりもしますが何卒……何卒細かいことを気にせずお読みくださいませ……!!


後半2話分も同じように文庫フォーマットで、とは思っておりますが、前半同様に初出はコピーか、もしかするとWEBにするかもしれません。ちょっと考え中。

潜水なう。

2016.02.05 01:05|よたばなし
thumb_IMG_5787_1024.jpg
▲This is 最高に柔らかくて美味しかったシュラスコ。


ご無沙汰してしまっております。くもはでございます。
実家に帰ってみたり白泉社の新年パーティにお呼ばれしてみたりとそこそこトピックスはあったような気はするのですが、

原稿グリグリしてたら12月も1月も終わってしまった。

体感5秒くらいだった……。

そんなわけで今のところ特にブログでお知らせせねばならないようなこともなく、長らく広告が出てしまいご不便おかけしてしまいました。orz
ひとまず原稿用紙は埋めておりましたので、近いうちに何かお知らせできればいいなとは思うのですが。さてはて。^p^

そんなわけであんまりブログに書くことがないあまり、ツイッターでお題(?)を募ってみたりしておりました。

どん!





デスヨネー!!!!^p^

ありがたいことでございます……ハァー南無南無……(-人-)
「とな女」とかそういえば、ウン十部しか頒布してないしね……!


そんな感じで短いですが、その後の片山とひろくんの話を書きました。


Signal
※pixivに飛びます。


時系列的には「ニュースプリングハズカム」と「サマーコンプレックス」の間、6月のある日のお話です。


節分?バレンタイン?ちょっとよくわからないですね……


時事ネタにできればよかったなとは思うんですが「ニュースプリング〜」より前の二月ってあの二人まだイチャイチャさせられないし、その次の年の話だとちょっとまた別の話の準備があるしで……^p^p^;;;;
まあそのお話についてはちょーーーーっと長くなりそうな予感を感じつつこねこねしておりますので、
一旦忘れてwお待ち頂ければ幸いです……。m(_ _)m

ではまた、何かの折に!(=°ω°)ノシ
| 2018.04 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

くもはばき

Author:くもはばき
姓をくもは、名をばきと発します。ズブの新人BL小説家。油断大敵火気厳禁。うかれポンチですみません。

お仕事(↑new・old↓)







直近のイベント参加

2018/02/11 COMITIA123

申し込み済。
何事もなければ、います!

カテゴリ

最新記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。