スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【小説/コピー再録】豊かの海に露の咲く

2016.03.21 00:00|同人誌
yutaka_h01.jpg

2016年03月21日 発行
文庫/170P/オンデマンド/¥600/R18


《あらすじ》
 人類が月面の開拓に至り数十年。地球から月への移住者は百万人を超え、世界は新天地の開発と高度経済成長に沸いていた。
 しかし月面環境に適応した体で産まれ、月のおよそ六倍の重力がかかる地球には降り立つことのできない低重力障害児“ルナリアン”と、親に月面へ置き去りにされた彼らルナリアンーー月面残留孤児の増加が問題視され、月では妊娠のリスクが発生する異性間の性交が禁止されている。
 そんな月面にあって男が男に抱かれ、女が女を抱く月面屈指の遊郭街“まげもん町”で春をひさぐ少年・朔花はルナリアン。月面残留孤児である彼は幼い頃から身一つで自分を食わせているが、いつの日か地球から来たお大尽に請け出されその目で海を見ることを夢見ているーー

第壱話「奔る、おいらん」
 月面屈指の遊郭街・まげもん町の中でも老舗の置屋“小笹屋”で、十六歳のお朔こと朔花はルナリアンゆえの長身からお茶を挽いている。
 遣り手のみならず、何くれと自分の面倒を見てくれていた花魁・竹鶴にまでも住み替えを薦められ、朔花は臍を曲げて“足抜け”を試みた。しかし出口の大門間際で花売りの大八車に衝突し、足抜けは失敗。それを引いていた幼馴染の余市と六年ぶりの再会を果たす。

第弐話「色はうれども」
 竹鶴の足抜けを手引きしたことで小笹屋から追われてから一年と少し。住み替えた先の見世・新川屋で“みや稀”と名を変えた朔花は持ち前の器量と口のうまさで見世の看板を背負って立つほどの売れっ妓に上り詰めていた。
 ある晩みや稀は、一番の馴染みである老戯曲家・四賀によってその弟子・講談作家の古林を客として宛行われる。みや稀に向かって「三下のまがい物」と言い放つ古林とはまるで取っ組み合いの喧嘩のように抱き合ったが、古林が閨の内で時折見せるあどけない優しさにみや稀は次第に心を寄せていく。

     *     *     *

これまでコピー本で出していたSF遊郭を一冊にまとめました。
ミシンがけのコピー本を作り続けるのがしんどかった……!
ご容赦くださいまし……orz

内容としては、全4話中2話まで。つまりようやく半分。^p^
ですが、基本的に一話完結のオムニバスで進んで行きますのでこの本だけでもお読み頂ける作りには(辛うじて)なっていると思います。

第壱話は世界観のチュートリアル的なお話で、まげもん町が、月の上がどんなところで、どういう文化やテクノロジーで彼らが生きているのかっていうのが伝わればいいかなという感じです。
お茶っぴきの色子がチャリンコ並みの俊足で色街を爆走します。
エロは薄め……というか少なめ。覗きです。笑

第弐話では、満を持して主人公の花魁(?)が恋をします。相手は新進気鋭の講談作家……のような、花屋のような。
売れっ子になった朔花改めみや稀がソーラン節を歌ったり講談を読んだりします。
エロは比較的濃いめ。3Pもあるよ!^p^

……とまあこのように、遊郭と言ってもあくまでスペースオペラ。SFです。
遊郭と言いつつキャバクラっぽかったりバスが走っていたりスマホやタブレットのような何かが出てきたりもしますが何卒……何卒細かいことを気にせずお読みくださいませ……!!


後半2話分も同じように文庫フォーマットで、とは思っておりますが、前半同様に初出はコピーか、もしかするとWEBにするかもしれません。ちょっと考え中。

潜水なう。

2016.02.05 01:05|よたばなし
thumb_IMG_5787_1024.jpg
▲This is 最高に柔らかくて美味しかったシュラスコ。


ご無沙汰してしまっております。くもはでございます。
実家に帰ってみたり白泉社の新年パーティにお呼ばれしてみたりとそこそこトピックスはあったような気はするのですが、

原稿グリグリしてたら12月も1月も終わってしまった。

体感5秒くらいだった……。

そんなわけで今のところ特にブログでお知らせせねばならないようなこともなく、長らく広告が出てしまいご不便おかけしてしまいました。orz
ひとまず原稿用紙は埋めておりましたので、近いうちに何かお知らせできればいいなとは思うのですが。さてはて。^p^

そんなわけであんまりブログに書くことがないあまり、ツイッターでお題(?)を募ってみたりしておりました。

どん!





デスヨネー!!!!^p^

ありがたいことでございます……ハァー南無南無……(-人-)
「とな女」とかそういえば、ウン十部しか頒布してないしね……!


そんな感じで短いですが、その後の片山とひろくんの話を書きました。


Signal
※pixivに飛びます。


時系列的には「ニュースプリングハズカム」と「サマーコンプレックス」の間、6月のある日のお話です。


節分?バレンタイン?ちょっとよくわからないですね……


時事ネタにできればよかったなとは思うんですが「ニュースプリング〜」より前の二月ってあの二人まだイチャイチャさせられないし、その次の年の話だとちょっとまた別の話の準備があるしで……^p^p^;;;;
まあそのお話についてはちょーーーーっと長くなりそうな予感を感じつつこねこねしておりますので、
一旦忘れてwお待ち頂ければ幸いです……。m(_ _)m

ではまた、何かの折に!(=°ω°)ノシ

遅ればせながらCOMITIA114お疲れ様でした&今後の予定

2015.12.03 16:14|お知らせ
【お知らせ①】
お陰様で同人誌「VS花ゲリラ」と「その椅子にはもう坐れない」はお取り置き分を除き完売致しました。
ありがとうございました!(なお、再版予定はございませんので予めご了承くださいませ)

【お知らせ②】
自家通販の受付を本日17:00より12/10(木)17:00までの間で再開いたします。
COMITIA114新刊「豊かの海に露の咲く(弐-上)」が追加になっておりますので、
万が一w気にして頂いている方いらっしゃいましたら期間内にお問い合わせくださいませ。m(_ _)m
>>自家通販受付フォーム

IMG_5406.jpg
▲コミティア114で美人の売り子さんがくれました。ヒャッハーーーーーーーー!!!!

12月です。超寒いです。膝掛け2枚!どうも、くもはです。
だいぶ日が空いてしまいましたがCOMITIA114でスペースにお越し頂いた皆様、誠にありがとうございました!^o^
恐れ多くもサインなんか書かせて頂いちゃったりなんかして、まったり楽しく過ごさせて頂きました。^ω^
「VS花ゲリラ」「その椅子にはもう坐れない」はお陰様で完売です。そんなにたくさんは作っていませんでしたが、結構長いこと机上にありましたww
しかしこれで、いよいよ頒布物が コ ピ ー 本 O N L Y に……
名実ともにドピコの名が欲しいままです。
いやー、どうしましょうね……「豊か〜」をどこか印刷屋さんにお願いして刷り直そうか……^p^;;(※そういう問題じゃない)

さて、

次回イベント参加は年末のC89、スペースは12/29(火)東ピ10bになります。
二次創作の方での配置になりますが少しか一次の在庫も持って行く予定なので、お取り置きのご要望等ございましたらお気軽にお申し付けくださいませ。^^

【小説】豊かの海に梅雨の咲く(弐-上)

2015.12.03 16:12|同人誌
IMG_5408.jpg

2015年11月15日 発行
A5/36P/コピー/R18/¥400
☆コピー本につき、頒布時期によって使用している用紙や製本資材にバラつきが発生する場合があります。ご了承下さい。


《あらすじ》
 花魁・竹鶴の足抜けを手引きしたことで小笹屋から追われてから一年と少し。住み替えた先の見世・新川屋で“みや稀”と名を変えた朔花は持ち前の器量と口のうまさで見世の看板を背負って立つほどの売れっ妓に上り詰めていた。
 ある晩みや稀は、一番の馴染みである老戯曲家・四賀によってその弟子・講談作家の古林を客として宛行われる。みや稀に向かって「三下のまがい物」と言い放つ古林とはまるで取っ組み合いの喧嘩のように抱き合ったが、古林が閨の内で時折見せるあどけない優しさにみや稀は次第に心を寄せていく。


長らくかかりましたが、スペースオペラ遊郭2冊目です。
本当は40pで二話目終わらせたかったんですが全然終わらなかった……orz
ただ、今回はエッチがんばりました。(※当社比)エッチがんばりました!!(※大事なことなのでry)
1巻のエッチシーンはまさかの主人公じゃない人(笑)だった上に割合あっさりだったので、その反動でしょうか。
古林さんはちょっと好みが分かれそう(私はすごい好きです。念のため)(貴様呼び萌えがひどい)ですが、お楽しみ頂けましたらば幸いでございます……!

COMITIA 114でます

2015.11.02 16:43|イベント情報
【お知らせ①】
長らくお待ち頂いておりましたが、自家通販の受付を本日17:00より11/09(月)17:00までの間で再開いたします。
気にして頂いている方いらっしゃいましたら、期間内にお問い合わせくださいませ。m(_ _)m
>>自家通販受付フォーム

【お知らせ②】
J-GARDENより以前までに自家通販のご予約を頂いておりました方へはご案内の送付が完了しております。
届いてないぞこのポンコツうかれポンチが!という方は、お手数ですが再度ご連絡くださいませ。



cat1115.png
▲なんの情報も伝えないことに定評のある弊サークルの酷カット

11月です。寒いです。今日はコートを出します。どうも、くもはです。((((^p^))))
なんだかつい先週くらいにJ庭だったような気がするんですが、はっと気づけばコミティアもまたなかなかの秒読み体勢でございます。

2015/11/15 COMITIA114 スペースNo.ぬ04bでお待ちしておりまーす!!ヽ(^o^)/

シャラララの初出はコミティアだったので、発売後初めてのコミティアに彼らを連れて行ってあげられるとありメチャンコ楽しみなのです。^//p//^でへへ。
しかし年始に立てた予定では「豊かの海に露の咲く」はこのCOMITIAで完結しているはずだったのに、まだ二冊目すらきちんと出ていないという信じられない体たらく……吐きそう……orz
なんかもう当面はこれを終わらせることを第一にイベント出ようと思います……lllorz
なんだか思った以上に時間がかかってしまっているのですが、何卒お付き合いいただければ幸いでございます……lllorzlll
| 2017.07 |
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

くもはばき

Author:くもはばき
姓をくもは、名をばきと発します。デビュー作「明日はきみと笑うシャラララ」発売中。小説花丸にて書き下ろし電子書籍「ひとりじゃできないもんっ!」配信中。三度の飯より飯が好き。ズブの新人作家ですが、うかれポンチですみません。

お仕事(↑new・old↓)



直近のイベント参加

2017/05/06 COMITIA120

申し込み済。
何事もなければ、います!

カテゴリ

最新記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。